墨、紙、筆、硯、額、軸、雑貨品の書道用品専門店 鳴鳳堂ホームページ

店舗案内

営業時間

 午前 10 時~午後 6 時

土曜日

 午前 10 時~午後 5 時

 休業日 日曜日・祝祭日


TEL:03-3932-1738

E-mail:
meihou@royal.ocn.ne.jp
 
☆ご注文に関して☆
ご注文・お問い合わせページ
のご質問内容のところにご記
入戴けますよう宜しくお願い
申し上げます。
 
書道用品 鳴鳳堂

お知らせ New

題名 「鼠」   遠藤昌弘 氏  書作品

制作所感

 「鼠」は、漢字の起源とされる甲骨文また金文に字例がない。

鼠の字は、「説文解字」という最古の漢字の解説書にのせられる

篆書(てんしょ)の字姿がもっとも古いもののようである。

十二支の最初におかれ子年とされるが、ほんらい「子」には

ネスミの意味はなく、のちになって干支と動物をマッチさせた

ときにネズミをあてたと考えられている。

 色紙は、行書で揮毫した。鼠の文字が人々に力をあたえ、みのり

多く心ゆたかな年となるよう、そんな福鼠を想って筆を執った

揮 毫   令和元年十二月 吉日

題名 「猪」   遠藤昌弘 氏  書作品

製作所感

 猪の文字が人々に力をあたえ、みのり多く

心ゆたかな年となるようそんな福猪を想って筆を執った。

揮  毫   平成三十年十二月吉日

題名 「犬」   遠藤昌弘 氏  書作品

制作所感

 イヌは、漢字の起源とされる甲骨文また金文に字例があって、

はるか古代より人間となじみがふかかった。色紙は、甲骨文の

字形によった。甲骨文は、口をおおきく開けて遠吠えし、胴はな

がく、尾はみじかい、そんな姿である。漢字には “ 狗 ” もあるが

これはのちになって出来た漢字で甲骨文や金文に字例はない。

 犬の文字が人々に力をあたえ、みのり多く心ゆたかな年となる

よう、そんな福犬を想って筆を執った

揮 毫   平成二十九年十二月 吉日

題名 「鳥」   遠藤昌弘 氏  書作品

制作所感

 トリは、漢字の起源とされる甲骨文また金文に字例があって、

はるか古代よりなじみがふかかった。色紙は、甲骨文の字形に

よった。

甲骨文は、羽のフサフサとした部分をとくに強調したものとなって

いる。漢字には “ 鳳 ” もあることから、小鳥ではなく、大きなトリ

に古代人は霊力を感じて象形したものであろう。

 鳥の文字が人々に力をあたえ、みのり多く心ゆたかな年となる

よう、そんな福鳥を想って筆を執った

揮 毫   平成二十八年十二月 吉日

題名 「猿」   遠藤昌弘 氏  書作品

制作所感

 サルは、漢字の起源とされる甲骨文・金文にも象形の事例

ない古代からサルはいたはずであるが、文字にされることは

なかった

 “猿”を見ることができるのは七世紀ころの事例が最初のもの

動物をあらわす・(ケモノヘン)に袁(エン)をあわせた形声

である。

 猿の文字が人々に力をあたえ、みのりの多く心ゆたかな年

なるようそんな福猿を想って筆を執った

揮 毫   平成二十七年十二月 吉日

今話題の御朱印帳!!

  御朱印帳を集める専用帳面が御朱印帳。

      御朱印はもともと寺社に写経を納めた証としていただくこと

  ができるものでした。そのため御朱印帳のことを納経帳とも

  呼びます。

   『御朱印をいただく』

       「御朱印をいただけますか」と尋ねてから書いていただき

  た場所を開き「こちらへお願いします」と一言添えて渡しま

  しょう。渡すときも受け取るときも丁寧に両手を添えて。

  御朱印代は300円前後が一般ですが、寺社によっては金額

  を定めずお志として自分が金額を決めてお納めする場合も

  あります。

題名 「馬」   遠藤昌弘 氏  書作品

  制作所感

     馬は、もっとも古い文字とされる甲骨文・金文に例があり

    古代より馴染みのふかい動物であった。

    古代の人は、馬の目をおおきくかいて、それに鬣(たてがみ)

    をくわえ、胴と足と尾をえがいた。鬣をよこ三本にしているの

    には理由がある、それは馬が走ると、鬣がなびいて横になる

    からである。漢字の馬は、走っている姿をうつしている。

       色紙の姿は、金文をもとにしたものである。馬の姿が皆に

    力をあたえ、みのり多い一年となるよう、そんな福馬を想って

    筆を執った。

  揮 毫   平成二十五年十二月 吉日

北町逸ピン Vol.14 に掲載されました!!

  北町商店街 北町逸ピン!

      「北町逸ピン!」では旧川越街道沿い

  3つの商店街が続く大型店に負けない

  個性的で魅力のある商品を紹介し続けて

  いきます。

  「あの店、この人」では店主のこだわりや

  店のあたたかさを感じていただければ幸いです。

  当商店街は安全かつ安心してお買い物が出来るように心が

  けています。

  北町逸ピン Vol.14 鳴鳳堂はこちら http://www.kitamachi.or.jp/meihodo.htm

  北町逸ピン! サイトはこちら http://www.kitamachi.or.jp/kitamachi-itupin.htm

ajouter RECOMMEND vol.27 に掲載されました!!

  東武東上線で素敵な場所へ                     

    ajouter RECOMMEND(アジュテ・レコメンド)

    ちょっと意識を変えただけで、毎日が楽しくなる。

    ちょっとした出会いがあって、街が大好きになる。

    「ajouter = 加える、プラスする」

    いつもの暮らしの中に、小さな発見が加わることで、あなたにとって東上線がもっともっと身近に

    なったらいいな。なんて、「アジュテ」は思っているのです。

    バックナンバーはwebで http://www.tobu.co.jp/ajouter

免責事項

 本ウェブサイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。

 弊社は本ウェブサイトの使用ならびに閲覧によって生じたいかなる損害にも責任を負いかねます。

 また、本ウェブサイトを装ったウェブサイトによって生じた損害にも責任を負いかねます。

 本ウェブサイトのURLや情報は予告なく変更される場合があります。